初めての学生バイト

初めての学生バイト 信じていた店長に脱処女された都会を知らない学生 4話


初めての学生バイト
信じていた店長に脱処女された
都会を知らない学生

第4話

処女なら十発や二十発で
価値落ちねーよ

 

⇒無料で20ページ試し読みする

 

初めての学生バイト 信じていた店長に脱処女された都会を知らない学生 4話のネタバレ

バックから激しく突かれる麻美。

何が起きているのか理解ができていない。

 

嘘・・・こんな・・・

 

という麻美をみてマネージャーは

嫌じゃないでしょう、こんなにぬるぬるで締め付けがいいんだからと言ってくる。

 

乳首イジられて感じちゃった?

チ〇コ触って感じちゃった?

 

といいながら、俺の好きになってた?と笑いながら更に言ってくる。

 

イヤ

ヤめて

 

といい、布団に寝転ぶとマネージャーは、俺まだイってないんだけどと強引に麻美を持ち上げバックから更に激しく突いていく。

 

早く終わってと思っているとマネージャーがイそうかも・・・

それを聞いた麻美は

 

これを耐えれば終わる

早やく・・・早く・・・

 

するとマネージャーが首を絞めてきた。

麻美は驚きと苦しさが重なった顔をし、何が起きてるか分からず、ただただ苦しさにもがいていた。

 

やっぱ締まるねー

 

麻美の苦しそうなのを見ながらマネージャーは笑っている

首からマネージャーの手がほどじぇ、麻美はベットに倒れこんだ。

 

苦しさから解放され

体をビクビクさせる麻美

 

そんな麻美の顔の前にチ〇コを出しお掃除フェラを要求。

目の前に出さ顔を背けた麻美にマネージャーは、四万の事思い出してといい強引に口に入れ込む。

 

奥まで咥えさせられる麻美

苦しい表情を楽しむマネージャー

 

そこへ電話が鳴った。

麻美に咥えさせながら電話で話すマネージャー。

 

例の件

やっぱ処女だったわ

 

一人一万ねといい、今フェラさせてると話すマネージャー

麻美は私の話?となりしゃぶるのを止めた。

それを見たマネージャーは、ちゃんと咥えろといわんばかりに麻美の口に自分のモノを押し込んだ。

 

口の中で射精するマネージャー

精子を出そうとする麻美の口を押さえ

 

飲まなきゃだめだよ

 

と麻美の口を押さえた。

 

電話はまだ繋がっている。

取り込み中だからと明日連れてくわ

 

処女だし十発や二十発で

値段おちねーよ

 

といい電話を切った。

電話をしながら麻美の乳首をコリコリし、足で麻美のマ〇コをグリグリしていたマネージャー

フェラでまた濡れちゃったの?と聞いてきた。

 

麻美は

 

こんなのもうやめてください

 

と懇願

 

そんな麻美を見てマネージャーはベットに寝転び麻美を上に乗せた。

まだするの?と思っている麻美にマネージャーはスマホの写真をみせてきた。

脅された時に見た写真。

消して欲しければ、自分から挿れてごらん

 

つづく・・・

 

初めての学生バイト 信じていた店長に脱処女された都会を知らない学生 4話の感想

とうとう麻美は知って今しましたねえ。

みんなで賭けをしていた事を、そして嫌な予感も感じています。

しかし、鬼畜過ぎるマネージャー。

そして、エロ奴隷化している麻美。

全部仕組まれた事とはいえ、よくできてます。

電話しながら乳首コリコリと足でグリグリとか、慣れた感じがまたすごすぎる。

その前に、首締めセックス!

これ、聞くけど普通はできないよねー

怖すぎだし・・・ホントに締まるんですかね?やった事ないから分からないんで気になると言えば気になるが・・・

やっぱ無理だわw

初フェラでゴックンさせるのも、鬼畜感がありましたね。

無理矢理飲ませるのが、またそそるんでしょう・・・これも無理だわw

そして、またまた写真で脅し自ら挿入させるマネージャー。

処女ですよ、始めてですよ、なのに色々させてしまう・・・ただ犯して終わりじゃないのが本物。

今後の展開はどうなるのでしょうか?次が最終話です!

-初めての学生バイト

Copyright© 初めての学生バイト , 2019 All Rights Reserved.